JCM-815の特徴

寄住の特徴

コルディセピン

アミノ酸の比較

C.mC.sとの比較

 

 

 

長白シルクのミリタリス冬虫夏草の菌床(路地)栽培過程

寄住 :桑蚕の蚕のさなぎ(シルク+蚕のさなぎ)を利用した長白シルクのミリタリス菌床栽培過程    栽培期間80-85

 

長白の農場で栽培している長白シルクのミリタリス冬虫夏草は国内外で栽培しているミリタリス冬虫夏草とは大きな差がある。

  

 長白シルクのミリタリス冬虫夏草(JCM-815の特徴

番号

区    分

備       考

1

品種

ミリタリス 冬虫夏草(Cordyceps militaris)

2

寄住(栄養源

100%桑蚕の蚕のさなぎ(シルク+蚕のさなぎ)利用

3

栽培方法

自然的な発生と類似な特許栽培方法利用(菌床栽培

4

栽培期間

3ヶ月(80-90所要

5

動物性/植物性

100%動物性蛋白質利用

6

化学栄養剤

まったく使用しない

7

抗体の形成

特許工法による栽培なので各種細菌との戦いで勝つだけ成長

8

コルディセピンの含量

中国産(ビンの中で栽培)ミリタリスより約6倍高い

9

アミノ酸の含量

中国産(ビンの中で栽培)ミリタリスより約6-64倍高い

10

価格

ビンの中の栽培より高い

 

1.品種の差異点

750余種の冬虫夏草の中で冬虫夏草属(Cordyceps sp.に属するし、現在まで研究開発された冬虫夏草の中でコルディセピン(Cordycepinという有効成分が一番多く含有されていると知られているミリタリス冬虫夏草(Cordyceps militarisの品種を栽培している。  (参考 :世界的冬虫夏草)

 

 

2.寄住(栄養源)の差異点

 

国内外的にミリタリス冬虫夏草は菌住の特性が特異なので動物性の 桑蚕の蚕の繭(シルク+蚕のさなぎ)(100%)だけで栽培できなかった。それで、植物性の玄米に化学栄養剤を混ぜてからさなぎを入れて栽培しているのが実情である。

 

どころが、当長白農場ではどんな化学栄養剤も使ってないで、動物性蛋白質(アミノ酸)で構成されている桑蚕の蚕の繭(シルク+蚕のさなぎ)だけを使ってミリタリス冬虫夏草を栽培することに成功して(1996)特許(1998)を獲得した。

 

 

 用語解説 :

桑蚕の蚕の : 桑蚕 = 桑の葉をたべて育った蚕の繭はさなぎとさなぎを保護しているシルクで構成されていて, シルクと蚕のさなぎは動物性蛋白質で構成されている。

蚕の繭は必須アミノ酸と非必須アミノ酸18種が入っている。

 

蛋白質(Albumin) : 動植物細胞の原形質の主成分として, 生命の基本的な構成物質である。人間の3 栄養素の中のひとつである有機化合物である。   

 

アミノ酸(Amino acid) : 蛋白質を構成している有機化合物.   一個の分子の中にアミノ基とカルボキシル基(carboxyl )を持っている化合物の総称である。蛋白質の構成成分として我々の人体にとても重要である。

,アルカリと塩を作る両性物質である。蛋白質を分解生成物として存在する グルタミン酸(glutamine )をはじめ数十種があり、動物体の中に入ってきた蛋白質は必ずアミノ酸に分解されて吸収される。蛋白質の構成要素である。    

 

(参考 : アミノ酸の比較)

 

 

3.栽培方法の差異点

他の農場でのビンの中の栽培(ミリタリス) 

 

栽培方法論においてもミリタリス冬虫夏草は国内外的に自然発生に類似な方法では成功できなかった。それはさなぎ(昆虫)にミリタリス冬虫夏草の菌住を完璧に培養できなかったためであり、菌床(路地)栽培の場合、各種の細菌に対する抵抗力が弱いので腐ってしまうわけである。 それで、国内外的に無菌のビンの中の栽培だけをするわけである。

 

しかし、当長白農場では蚕のさなぎ(シルク+蚕のさなぎ)にミリタリス冬虫夏草の菌住の完璧な培養に成功して天然発生に類似な特許工法(有機農法)による菌床(路地)栽培している。

 

長白シルクのミリタリス冬虫夏草は菌床(路地)栽培なので弱いものは各種の細菌によって腐ってしまい、強いミリタリス冬虫夏草だけ生き残るわけである。

 

 

菌床(路地)栽培の長白シルクミリタリス冬虫夏草 

 したがって、長白シルクのミリタリス冬虫夏草は各種細菌をまかして生き残った物であるので各種の細菌に対する抵抗力が強くなるのだと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4. 栽培期間の差異点

長白シルクのミリタリス冬虫夏草の栽培期間は自然発生と類似な特許工法による栽培であるのでビンの中の栽培 より2倍ぐらいかかる。

ビンの中の栽培期間 ……………………約 40-45

特許工法による栽培期間 ……………… 約 80-90日(長白農場)

 

 

5. 動物性/植物性の差異点

ミリタリス冬虫夏草は国内外的に動物性(昆虫)だけの栽培は成功できなっかた。そこで植物性の玄米を主な栄養源として化学栄養剤を添付するとかさなぎを追加して栽培しているのが実情である。

 

しかし、長白シルクのミリタリス冬虫夏草農場では化学栄養剤をまったく使わないで動物性蛋白質(100%)の蚕のさなぎだけを使ってミリタリス冬虫夏草菌床(路地)栽培に成功した。

 

  

寄住:桑蚕の蚕の(シルク+蚕のさなぎ)を利用した長白シルクのミリタリス冬虫夏草の菌床栽培過程  栽培期間80-90

 

 

6.化学栄養剤

化学薬品を結合して造った化学栄養剤は我々の体にはいっても完全に分解されないこともある。化学肥料でなく堆肥で育った有機農の野菜を好むように化学栄養剤が入った植物は自然親和的ではない物である。

長白シルクのミリタリス冬虫夏草は化学栄養剤をまったく使ってないで菌床(路地)栽培した物である。

 

7.抗体の形成

我々は幼い時から色んな種類の予防接種をしてきた。それはどう言うことでしょうか?

各種の病気を起こす細菌とかビルスをごく微量我々の体の中に入れて免疫細胞がその細菌とかビルスを殺す過程で抗体が自ずからできるようにすることである。それで次にそのような菌が入ってきても我々の体をまもられるわけである。

 

したがって、どんな細菌もない無菌の中の栽培がいいと思われるが各種の細菌を殺ろす過程を経て育ったミリタリス冬虫夏草の抗体がより高く形成されると思われる。

 

8. コルディセピンの含量

中国で20余年間ミリタリス冬虫夏草を研究した中国科学院の審陽応用生態研究所の研究結果によると中国産(ビンの中の栽培)ミリタリス冬虫夏草のコルディセピンの含量は1.3%である。

菌床(路地)栽培した長白ミリタリス冬虫夏草では寄住(さなぎ)で8.4%、自実体(キノコ)で6.8%であった。

(ソウル大学校の農業生命科学大学の修士学位論文、試料 : 長白ミリタリス冬虫夏草使用)

 

したがって、菌床(路地)栽培した長白ミリタリス冬虫夏草が中国産(ビンの中の栽培)よりコルディセピンの含量のおいて6倍ぐらい高いことがわかる。

(参考:コルディセピンの比較)

 

9. アミノ酸の含量

アミノ酸の含量おいて長白シルクのミリタリス冬虫夏草は中国産より6-64倍ぐらい高いことが分かる。

(参考 : アミノ酸の比較)

 

10. 価格の差異点

長白シルクミリタリス冬虫夏草は価格が高い

その理由はビンのの栽培より栽培期間が40-45日もっとかかるだけではなく天然発生に殆ど類似な特許菌床(路地)栽培であるため抵抗力が強いことだけ生き残るので品質面からも高く評価されているわけである。

 

長白シルクミリタリス冬虫夏草の乾草100gの中に入っている8.4gの価格を換算すると約300万円(日本円)ぐらいの高価である。

 

[コルディセピン(Cordycepin) 国際価格 1g = 3170$ = 350マンウォン, SIGMA会社の価格表]

 

(参考:コルディセピンの比較)

 

 

代表農民 : 李載一

Tel : 82-43-225-0333 / Fax : 82-43-221-5358 

農場住所 : 363-873 大韓民国 忠北 清原郡 米院面 大徳理 220-10

 

Copyright 1997-2005 長白シルクのミリタリス農場 All rights reserved